FC2ブログ

 

思いついたこと・感じたこと・気になったこと・どうでもいいこと。
 

 

 
三連休何してたかっていうと、なんとなくハチクロ(アニメ)見てました。そして完走。
原作読んだことない人なので、まっさらな状態から普通に見て、あー、人気のある作品っていうのはやっぱり止まらなくなるものだなーって思いました。内容が好みだとかそういうことはないのですが(いや、すごく面白いですけど、特別な思い入れが生まれるほどハマりこむわけじゃないって意味で。もともと恋愛モノって苦手なんだ)、それでも途中で飽きることは一切なかったので。隙のない作品だ。

最初は普通に真山が好きでした。
(そして山田の可愛さにやられる。なにあの可愛い娘さん、非常に好みなんですけど(鼻血))
が、理花さんに対するストーカーっぷりが上がるにつれてフェードアウト(笑)
いや一途はいいと思うけど、ムッツリすぎんだろ。それでいて山田に対しても煮え切らない。あの、山田ルートに行きそうで全く行かない感じがもどかしいったら。普通の少女漫画なら、野宮さんが出てきた辺りで揺らぎそう。結局は突き放せず優しいばっかりで、優しさは罪だなぁとしみじみ思ったよ。
そんなわけで最終的に、「やっぱ一番カッコイイのは先生だろー、どう考えてもよー」と思い、はぐに対する親馬鹿具合が好きで楽しく見てたので、最後、うぇええぇえええ!? ってなりました(笑) いえ、悪い意味でなく。
なんちゅーかね、恋愛模様は学生達が主軸で、大人達はそれに付随する、または見守る立ち位置に居たので、ちょっとおいおい最後の最後で掻っ攫っていきやがったヨ! って感じで驚いたというか。そういう意味で参戦するとは思ってなかったので個人的に予想外のとこ攻め込まれた。(そしてふと、あだち充のスローステップを思い出した/笑)
そうなると、怪我をしなければどうだったんだろう──と思わなくもないですが、人生なんてifの連続だからなぁ。起こったことが「もし起こらなければ」って考えたところで、もうそれは分岐した未来なんだよね。ほんの少しの齟齬で違うベクトルへ進み始めてもう戻ることはないわけで。
同じ何かを持っているであろう森田さんとだと、やっぱり上手くはいかない気もするし。ずっと一緒だと、なにかが壊れそうな気もするので、そうなるとあれが必然かな。あの二人は離れた場所からお互いを見ている方が正しい在り方なんだろう。
はぐははぐで修ちゃん好きだったんでしょうが、それが果たしてどこまで恋愛に繋がってるのか、正直よくわかんないです。この辺りは原作読んでりゃもうちょっと把握出来るのかね。
つーか、この最終決戦ともいうべき局面で、そもそも土俵に上がりきれなかった竹本くん、カワイソス。ちゃんと「好き」って告白したの、彼だけなのに(笑)
森田さんはねー、変人だからねー。天才は得てして変人であるを地でいってる人なので、見てて楽しいけど、私の好みキャラではない。ギャグ的には大好きですが。ジャイアンリサイタルとか。
それでいて作品に向き合ってる姿はめちゃカッコイイからずるいよねー(笑)
真山なんかは、大人っぽいけど中身はどこか青臭い部分あるけど、森田さんは真逆だよね。飄々として、子供みたいな突拍子のない行動取ってるけど、その本質はとても真面目で大人っぽい。年齢考えたら、その辺りの差は当然かもですが。
ああ、影が薄いよ竹本くん、カワイソウ。
色々報われてない印象の強い竹本くんですが、一番等身大な人だったなーと。
あと誰だろう。野宮さんか。
あー、野宮さんはねー、こう年齢的に恐らく自分に近い世代なもんだから、ちょっと見てて気恥ずかしい(笑) 曰く「青春スーツ」ってやつですか。うん、もぞもぞするぜ。

結論としては、山田が可愛すぎて死ぬ──ということです(笑)
仕方ないじゃないか、私は根っから可愛い女の子スキーなんだから。
山田にはさっさと真山を吹っ切って、幸せになって欲しいです。
あと、やっぱりスピッツ最高ー。
草野さんのお声は癒されるわぁ。優しい気持ちになれる。大好きです。


戻れない日々があって、でもそういう時間は頭か胸のどこかに記憶されていて、何かの折に浮上させて思い出せて。物理的なものとして取り出すことは出来ないけど、大事なことは形あるものだけじゃなくて、心で感じて思い出し笑い出来るような、懐かしいようなあったかい気持ちでもいい。そういうちょっとだけ嬉しくなる何かを持って生きていけたらいいなーと、そんなことを思わせてくれました。
機会があれば、原作読みたい。立ち読み疲れるので実行できるか微妙だけど。
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2019 ごちゃまぜすぺーす, all rights reserved.

彩瀬あいり

03  12  04  12  04  03  01  12  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01