FC2ブログ

 

思いついたこと・感じたこと・気になったこと・どうでもいいこと。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
Qのカヲル君見ててふと思ったんだ。
この新劇場版、単なるリメイクだと思ってたんですが、実はこれってループものなのか? と。
新劇の海が赤いのは、前作の最後で皆がアハハウフフと溶けてしまって真っ赤な世界に残されたシンジが「こんなの絶対おかしいよ」ってことで、世界をやり直しているのか、と。だから海は赤いまんまなのか、と。
そんなことに今更ながらようやく気づいてみたりしました。(遅いっすね)
いや、やり直しているのがシンジ君の力なのかどうかは定かじゃないんですが、カヲル君が「また会えるよ」って言ってたし、ダイレクトに「世界をやり直せる」みたいなことも言ってたし。彼は謎っぽい台詞を連発するので、ハイハイいつものことねでスルーしてたけど、序でも破でも、シンジのこと前からよく知ってる風なこと言ってるもんな。ループしてたとしたら、リーディングシュタイナーで説明つくよな。
いやここまであからさまだと逆にループ世界とか分かりやすすぎて違う気もするけど。
次回のタイトルが新ヱヴァからシンエヴァになって、ここで敢えて「え」の字を戻したのは、何らかの意図がありそうだしなぁ。

下で書き忘れたQの話ですが、破と違ってコミカルな部分一切ないけど、個人的にすごく面白かったのは、
 

>>>Read more

スポンサーサイト

 

 

 

 
ヱヴァQ見てきました。
平日の一回目だけあって、客が少ないというか、年齢層高いというか、30代以降しか居ないっていうか(笑)
こんな田舎でも上映してくれてありがとうTOHOシネマズ。

いつもより長い気がする予告編を延々延々延々見せられ続け(チラっと時計見たら15分あった。長すぎだろ)、実写版巨神兵の昔懐かしな感じのジオラマチックな町並みと普通に現代チックな人々に違和感を覚えつつ、本編スタート。
とりあえず思った。

だから、どういうことだってばよっ!

途中まで説明がないので、シンジ君と一緒で、「わけがわからないよ」状態。
説明が始まったところで、わけわからんのは一緒なんですが(笑)
流石だよエヴァ。破のラストでシンちゃんちょっと男を上げたじゃないかカッコイイよシンちゃんとか思ってたのに、やっぱりシンちゃんはシンちゃんだったよ。
なんつーか、大体シンジのせいっていうか、シンジはいつもやることなすこと裏目に出るっていうか、碌なことしねーな。シンジのせいじゃないけど、結果的にはシンジの行動が事態を引き起こしているのでシンジのせいだよねっていう。
TVでQの冒頭6分流すとか豪快なことするな~って思ってたんですが、アレずるいね。卑怯だよ。すごい戦略だと思いました。だってアレ見てると、アスカは相変わらずな調子だし、マリも出てるし、ミサトさんやリツコさんの声もしてたし、ネルフの作戦中かなーって思えるじゃん。変わらず、「新作キター」ってワクワクさせてくれる。
で、あの6分38秒のあとでアレですよ。とんだ裏切りだよ(笑)
とりあえず、カヲル君。今回はシンジがカヲル君に依存してもおかしくはない展開だったと思います。
相変わらず謎っぽい台詞連発してましたが、うん、やっぱりわかんねーや☆

そういや、シンジがいつも音楽を聴いているプレイヤー。
破の時、マリが登場してシンジに手渡した際、25-26をループしてたのが初めて27へ進んだ=物語は新しい展開へっていう暗示だという意見を見て「なるほろー」って感動したんですが、今回、カヲル君から手渡されて28へ進んでました。
次回どうなるか期待。

以下、ネタバレ
 

>>>Read more

 

 

 

 
kindle PW発売になりましたね。
かくいう私は、結局Sonyのリーダー購入してます(笑)
出揃って考えるんじゃなかったんかいって話なんですが、ストレス解消というかなんというか。もういいや!みたいな気分で買っちゃったよ、ハハハ。
悩んでいた最大の理由はフロントライトだったんですが、考えたんだ。
ライトって本当に必要なのかな、と。
そもそも暗い場所で本読まないし。暗いと思ったら部屋の電気つけるし。別に照らす必要そこまでなくね?
みたいな。
最終的に、ライトの有無よりも、SDスロットの方に軍配が上がりました。物理キーがあるのも地味にポイントup。
全面フラットな方がすっきりしていて好きっていう方が大半なんでしょうが、私個人としては、ボタン操作も可能っていう方が安心出来るんですよねぇ。この辺がまだ前時代的考えですね。
電気屋に見に行っても流石は田舎。前機種の実機は置いてあるけど、新しい方はモックすら置いておりません。印刷された厚紙オンリーです。売る気ゼロです。物理キーの感触だけがネックだったのに、確認すら出来ません。
諦めてネットで安値の所探して、貯めてあったポイント注ぎこんだらkindle並の値段になったので、まあいいっかーとか思ってたらkidleさらに値下げになってましたが(笑)
とりあえずwifi設定して、PCに保存してあった画像をPDFファイルにして転送転送。
想像していたより快適読書ライフで、おかげでPCでネットする時間が減りました。読む方に専念するとネットとかやってる時間ないよね。
読んでばっかりで、設定とか全然いじってないので、イマイチよくわかってません。内臓されてるユーザーガイドも読んでないので、どこでなんのどんな設定が可能なのか知りもしません。最近は取説が電子媒体オンリーなので、面倒だよね。まあ冊子だと保管場所が面倒って話もあるので、どっちがいいとも言えないんだけどさ。紙媒体で読みながら端末と照らし合わせてないと、理解が進まない気がする私はメカにはあまり強くありまへん。テキトーにいじってなんとかなってるからこれでいいや、みたいな人です。
ブラウザがどんな感じなのか試してみなければ。ブログとかは見れそうだけど、フレーム使ってる我がサイトなんかはどう処理されているんだろうか興味がありますな。
充電するには付属のケーブルでPCに繋ぐしかないんだけど、それだと充電中は本体の操作不能なんだよね。ウォークマンもそうだけど、そこ不便だよねー。どうせなら充電しながら操作もしたいので、ちょっと別途でケーブル買おうと思います。今んとこ困ってないから急いではないけども。評判通り、わりと長時間充電持ってるし、キリのいいところまで読んだ後に2、3時間で充電すればいいんだけど、続き気になるときに充電持たなくなったらモヤモヤするので(笑)、ケーブルあるに越したことはないでしょう。うん。
 

 

 

 

 
ニコ動配信でアニメ見ているのですが、なんかイマイチ理解しきれないので原作を読んだ。終わってから読もうかとも思っていたんだが、多分私、話を把握してないと、アニメ見てても物語が脳に入ってこないと思ったので(笑)
最初の方は、「あー、アニメのあの場面かー」みたいな感じで場面を映像としてイメージしていたんですが、そのうちそんなのどうでもよくなったというか、没頭して読んでました。
作画のテイストが急に変わった5話における、例のボノボるシーン。原作だとさらにアレな感じで、「なにこの官能小説」とか思ってたんですが、以後にはさらなる濃厚ホモ百合展開があって、別の意味で盛り上がりそうだなーと思いました(笑) いや、映像的にはそこまで露骨にはやらんのでしょうが。
まあ、そんなことはさておき。
私、この作品は、所謂「セカイ系」というか、「不思議な力を持った子供達をひとつの町に閉じ込めて、情報封鎖で都合のいいような人格形成して人間兵器を作り上げて戦争の道具にしちゃおう☆」という政府の企み的な計画に、ひょんなことから町の外に出て真実を知った子供達が抗っていくような話だと思ってました。ミノシロモドキが「私は図書館です」とか言って設定を色々語り出した辺りで、そんなような展開だと思ってました。

全然まったく違ったけどな!(笑)

どうも後半から面白くなるということなので、はてさてどんなもんやらと楽しみにしながら読み進め、4章目に入った途端、「え?」ってなりました。
簡単に分かり易く言うと、ギアス2期第1話みたいなもんですよ。ロロ雑巾的な。
あの、「???」みたいな導入から始まるわけです。まあ勿論その前の内容から察するに、そういうことなんだろうっていうのは分かるんですが、「後半からがいい」という期待が頭にあったので、「そういう入りか!」と思ったわけですよ、ええ。その後の流れは全然違いましたけどね。
序盤で早季と覚を助けてくれたバケネズミの声が浪川さんで、こんなチョイ役っぽい獣人キャラにどういう配役なんだ、って思ってたんですが、後半になるにつれ、その意味がわかりました。実はこんな重要キャラだったとはっ!って感じで。とんだ下種野郎ですよ、ええ。
かと思いきや、最後の方で彼の叫びに涙してみたり。小物キャラだと思ってたけど意外と狡猾な野心家だったんですね。
なんかこの話、人間っていうよりむしろバケネズミが主役っていうかなんていうか。ちょうどこれを読む前に「人類は衰退しました」を5巻まで読破したところだったので、設定的にそれを彷彿とさせたといいますか。「進化の過程」というのはこういうことか、みたいな。
超能力が当たり前のこの世界が「新世界」なのか、それとも巻き起こった事件で変化してしまった世界が「新世界」なのか、この先また起こるかもしれない可能性の未来が「新世界」なのか、はて。
ああ、そういう意味では「セカイ系」でも間違いじゃないのかね。
主人公の早季、結局最後まで好きになれませんでした。
なんでだろう、12歳の頃からなんか言動がいちいちカチンとくる子だなーと思ってたんだけど、大人になってもその印象は変わらず仕舞いでしたよ。覚もなー。そこまで嫌いでもないけど、決して好きでもない、みたいな。

アニメのED、原作知ってると映像が泣ける、みたいなことを言われていたのですが、たしかにこの映像は色々と散りばめられている感じで、すごくいいです。決定的にコレっていうネタバレではないけども、原作読んでて「あー、この辺りをイメージしてる映像なのか」っていうのがわかって、読み終わった後で改めて見ると、結構感慨深い。歌もいいよねー。すっごい切ない。

あ。奇狼丸が予想以上にカッコよくて痺れました。スクィーラがあんなだったからもうちょっとブサいビジュアルだと思ってたので(笑)


ネタバレ的なことを言うと、
 

>>>Read more

 

 

 

 


珍しく海が青く見えるなーって思って携帯で撮ってみたんだけど、こうやって見るとそうでもないな。
目で見た物を、そのまま映し出すことは難しいですね。
 

 

 

 

 
よく言われるアレですが、姉のMP3プレイヤーがぶっ壊れました。
電源自体が入らなくなって、ちょうど新しいモデルが発売されていたこともあって、おニューになりました。最近のはカラーバリエーションが豊富ですなー。私が購入した頃は3色ぐらいしかなかったんじゃないかね。ストア限定色が唯一好みだったので、しょーことなしにweb購入したもんですが。
思えば私、あんまりソニータイマーを体験していないような気がします。
私が持ってるやつは、現行モデルより二世代前(多分)ですが、未だ現役バリバリですし。扱いもわりと粗雑ですが、特に壊れることもなく動いてます。
思えばウォークマンは、カセット、MD、ポータブルCDと各媒体全部所持してましたが、どれもそれなりに動いて、別媒体に移行して使わなくなるまで「壊れる」ってことはなかったように思います。
プレステも壊れた経験ないし。
引きが良かったのか。

sonyといえば、電子書籍リーダー。
Kidleはライト内臓されてて明るさ調節効いて便利そうだなーと思ってるうちに、なんか予約しても年明け発送とかいう状態にいつの間にかなってて、これは悩むより前にとりあえずポチっと押しておくべきだったのかとぷち後悔。
そうこうしてたら、ネクサス7も32G版発売とかになって、タブレット端末飽和期に突入しているので、なんかもうジタバタするよりしばらく傍観していた方がいいのかもしれないと思いはじめました。もうちょっとしたら、皆の「欲しい欲しい我先に」のがっつき具合も落ち着くでしょう。日本人ってそんなもん。
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 ごちゃまぜすぺーす, all rights reserved.

彩瀬あいり

04  12  04  03  01  12  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。