思いついたこと・感じたこと・気になったこと・どうでもいいこと。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
「おとめ妖怪ざくろ」見てたらなんかもう無性に読みたくなってきて、「はいからさんが通る」読み返してました。
だってほら、凧が引っかかって木登りして取り、木から落ちたところを助けてみたり、そうかと思ったら、洋食マナーがわからないから真似して食べてみたり、それどこのはいからさん?って思うじゃなイカ!
何故か男にモテまくるところが少女漫画たる所以ですが、なんだろうね、紅緒さんは嫌いじゃないんだぜ。基本ギャグだからかな。いえ、メロドラマでもありますけど(むしろそっちがメインだと思うけど/笑)
数年周期ぐらいでふと思い出して読みたくなってしまう、やっぱりとっても面白かったです、満足。
紅緒さんといえば袴にポニテのイメージ強いんだけど、おかっぱ頭の方が時間的には長いんだよねぇ実は。

ところで、震災時に、あの状態のラリサさん放置して行く少尉は、わかるけどちょっとモニョる。助かる可能性低くてもせめて誰かに託せよ──。
 

>>>Read more

スポンサーサイト

 

 

 

 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010112801000177.html

こ、恐えぇぇぇぇぇええぇぇえぇぇ!!!!
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
 

 

 

 

 



やっと買ってきた。
読んだ。
アニメで先に結末見ちゃったし、外伝は立ち読みしたしで、感動薄いかなーとか思ってたんですが、
おまけのラストでボロ泣きしました(笑)
いつもの四コマのあとであれは反則だろーがよぉー・゜・(/Д`)・゜・

おまけの、「10もらったら11で返せよ」と、「ちくりますよ」が好きです。
 

 

 

 

 
昨日の朗読話がテキストで読めるようになっていたので読んできた。
(そしてテキスト保存)
やっぱこれ、文章で読んだほうがいいわ――って思いました。
いや、朗読劇は朗読劇でいいんですが、「土曜日」に関していえば、文字で見ておいた方が伏線が明確かなー、と。(それを伏線というかどうか、ちょっと違うかもしれないけど)

まあ、ただ単に、私が乙一好きなだけかもしれませんが(たぶんそう/笑)


とりあえず、あのよくわからんぐらいに取られていた間は仕様だったことがわかりました(笑)
三点リーダー打ちすぎってぐらいの沈黙具合ですが、これはやっぱりその間に流れる感情や空気を視聴者側に伝えるためにわざと長めに取ってるんでしょうか、朗読の為に書き下ろしてるわけだから。
もしこれがきちんとした形態の文章になるのだとしたら、色々と直しが入るだろうなぁ。
 

 

 

 

 
終了ー。
翌日が休みっていうので聴けるわけですが、嬉しいことです。
三夜は乙一です。
とても乙一らしいお話でした。
乙一さんのことだから、最後の最後で先輩がドンデン返しかましてくれるかと思っていたのですが、無難に終わっちゃったなぁ。
とりあえずこれ、文章でちゃんと読みたいです。

最終回はライブかよ、なにそれいいなぁ。
 

 

 

 

 
放送してた頃は理解できないまま終わってしまって(まあ、出題編だから謎のままで当然なんですが)、「ひぐらし」 の方が好きだなー、とか思っていたのですが、ここ最近で改めて視聴してみて印象変わりました。やっぱ連続して見ると話の繋がり具合がわかるねー。とくにエピソード4は色んな時系列が出てくるから混乱しまくりだったので。
ただ、流れを把握出来たからといって、物語を理解したかというとそれとこれとは話が別なんですが(笑)

放送してたやつはさ、ところどころでモザイク入ってたけど製品版はちゃんと見えてます。「(斬られた)お腹にクッキーやらが詰め込まれてた」みたいな台詞言われても、「そんなん言われてもモザイクされててわからんかったわい、あれそういうシーンやったんかい」というツッコミするしかなかったですが、ちゃんと見えてます。隠すほどグロいとは思えなかったんですがどういうことでしょう。「ひぐらし」の目明し編冒頭で梨花ちゃまが包丁突き立てて自分でゴッツンゴッツンやる方がよっぽど精神的ブラクラ映像だと思います。──まあ、世間に責められる前に自重しとこうぜっていうことだったのかもしれませんが。
人物が多すぎて、親子関係が把握出来てなかったんですが、やっと繋がったぜ。名前はまだ妖しいけどな! つか難しすぎてググってコピらないと無理です。

で、終盤で戦人の母親が不明であることがわかるわけですが、そのことが戦人がメタ世界で戦ってることに何か関係あるんでしょうか。主人公だから、彼が戦ってることに対して違和感なんてカケラもありませんが、それって考えてみればそれ自体がミスリードのひとつなのかなー、と。戦人がその立場になった、っていうかその位置に立てたことには何か理由があったりするのかもしれない。その辺り、彼の出生に秘密があるのかと。
で、そう思った時に、ベアトリーチェが戦人に対して、「自分が何したか思い出してみろやゴルァ」って責めてたこともあり、「子供の頃に会ったことがある──、そこで何か言うかされるかしてずっとそれを引きずってるのか」「ってことは戦人の母親がベアトなんじゃね?」とか思ってしまった。や、ないでしょうけど、だったら面白いなーと(笑) その「思い出せやー」って言ってたところは、すごい切ない感じがしたので、そういったことじゃないだろうとは思ってる。ベアトの中の人は原作者から答えを教えてもらった上での芝居らしいっすねー。

EP4までって、「ベアトリーチェがボスだと思ってたら実はそうじゃなくて、本当の悪の親玉は他にいる」っていうことなんだよね。ベアトリーチェは、彼女は彼女で彼女の目的の為にゲームやってて、その目的は戦人が忘れているという「何か」なんでしょうか。
作品の構造というか意図というか、そういうのがイマイチよくわかっていなかったのですが、26話見直してみてようやく把握出来ました、はい。相変わらず原作から比べると色々はしょってるようですが、アニメだけ見ても解けるように詰め込んで作ってあるみたいだし。
以降は、梨花ちゃま──もとい、ベルンカステルさん(と、その分身)が活躍するっぽいので、原作ゲームが出揃ったら、解決編もアニメ化してほしいところです。
つか、するだろうから期待しておくのですよ、にぱー。
 

 

 

 

 
パンティ&ストッキングの12話
なにこれどこのトランスフォーマー?
とか思ってたらいきなりコンボイ司令登場。
モノホン呼んだんかい、なんて豪華な!!
とか思ってたらメガトロン様まで登場しやがった。
なにこれどこまで豪華なんだよ
とか思ってたらアイキャッチまで入りやがってどこからどこまで再現すんだよってぐらいの詰め込み具合。
笑いすぎてお腹痛い。
途中、なんか勇者シリーズみたいなイケメンロボット居たけど、基本的にとてもチープな雰囲気を見事に再現していてますます「トランスフォーマー」で、トランスフォーマーといえば初代な私にとってはたまらん話でした。
あーもう楽しすぎる。

やっぱすげーやガイナックス。
 

 

 

 

 
最近の通勤用BGMは、車に置いたままになっていた新居昭乃さんの「ソラノスフィア」です。
「エデン」は正直、「なんか違う」って思ってたんですが、このアルバム聴いて、「あーやっぱいいな」って思いました。
まあ、それはともかくとして、その中で一番私が好きな曲が「Wings of Blue」
「懐かしい宇宙」っぽいアップテンポな曲で聴いてて爽やかな一曲なのですが、つい最近この曲はROCKY CHACKが参加していることを知った。
改めて聴いてみると、たしかにコーラスのところがそんな感じの声だ。
コーラスワークの部分がすごい好きで耳に気持ちいいと思っていたのですが、聴いて納得。
ROCKY CHACKは、ゼーガペインと狼と香辛料の曲しか知らないんですけど、ボーカルの雰囲気がいいなーと思っていた歌い手さんだったので、こんなところで聴けるとはーって驚いたと同時に、このアルバム買った当時はROCKY CHACKのことなんて知らなかった自分が「気持ちよくて好きや」って思った、己の音楽萌えツボみたいなものを恐ろしく感じました。

 

>>>Read more

 

 

 

 
水曜日は「相棒」ですね。
今回は二転三転する感じで、「で、あの鑑識課長が刑事辞めた後でやたらと不始末しでかしてるのは、なんかの伏線やなかったんかいなー」って終わってから思ってたら、予告ですよ。

陣川くんキターー!

相変わらず不幸そうだ。そしてまた女絡みだよ。
きっとまた勝手に惚れて騙されて最後凹むんだよ(笑)

ちょっとテンション上がった、元気になりました(笑)
陣川くんの話はいつも面白くて好きです。ストーリー云々以前に彼のとても残念なイケメン具合が楽しくて好き。
神戸くんとは初対面――だよね。
亀山さんが居なくなった後の特命係との絡み、どんな風に描かれるのか楽しみです。


秋ドラマは珍しくいくつか見ている。
「相棒」は勿論ですが、あと「フリーター、家を買う」「ギルティ」「SPEC」「ドリトル」
特に「ギルティ」は昨今では珍しいオリジナルってことで楽しみに見ています。 

 

 

 

 
昨日帰宅したら佐川メール便が届いていた。
通販したものが届いたのかと思って開けてみたら、中に入っていたのは天空のDVDだった。




 (間)



──あれ??



発売日気にしてなくて、なんとなく「7」って数字だけ記憶にあって、勝手に27日だと思い込んでいたので、ビックリしました。早くね? みたいな。どんだけ早いねん──って思って調べて勘違いに気づいたっていう。バカは私だったよ。27日のつもりでいてそれに合わせてやろうと思ったことがあったのですが、準備終わっててよかったぜ。
さて、ケースに釣られて結局初回版買っちまったわけですが、裏見て吹いたよ(笑) どんだけだよ主人公。
ジャケ絵による露骨な売り方に頭を捻りつつ、快斗ファンとしては素敵でとっても嬉しいのですが、これでますます「キッド様素敵(はあと)」的な印象が強まって、怪盗キッドはコナンのキャラクター認定されると思うとモニョモニョする了見の狭い私です。
最近、気力はひたすら下降、低空飛行をしているので買ったけど見る気分がちっとも湧かないのですが、見れば元気になれるのかしら。(--;

--------------------

メール送ってくださったTさん
了解です。復活をお待ちしておきますねー。

拍手くださったNさん
負けかなーと思ってリアル対応してみましたがどうなんでしょうね。
ご心配ありがとうでした! 

 

 

 

 
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャ テュリャリャ
テュリャテュリャテュリャ テュリャリャ~

っていうのはさておき。
糸と麻を買ってきたわけでもなく、気づけば間が空いていた不思議、はて、そんなつもりはなかったのに。

移転のメールを送ってくれたMちゃん。
ちゃんと届いてますー、反応してなくてゴメンナサイ。
うちは一応居残り組ですが、更新的には閉鎖と大差ない気がひしひしと(笑)
のんびり生き残っていきたいと思います。

それから、下記事(日付いつか忘れたけど)に本日コメントくださった方。
お返事つけておりますので、該当箇所まで遡っていただければありがたいです。(><) つくづく面倒かけてすみません……。いやホント、ヤな人だな私。

すぐ下で機種変云々書いてますが、ポイント消滅期間が延長されたおかげで気持ちが揺らぐ揺らぐ。
どうしたもんだかヘイブラザー。
 

 

 

 

 
Docomoも新機種発表になりましたね。
夏モデルは結局スルーしたので(すごく迷ったけども)、次こそ変更!

──かなぁ。
最悪4月までに変更したいのですが。ポイント消える前に。機種変の為に地味にアンケートでポイント溜めたり、クレカのポイントをドコモポイントに変更したりして稼いでいるので(笑)
そのうちモックが並ぶだろうから、キーの押し具合とか色味とか、確認せねばー。
 

 

 

 

 
漁船衝突映像が流出したそうで。
公開前の映像作品が出たり、劇場で撮影した映画が上げられたり、「流出」ってマイナスイメージしかなかったけど、これに関してはちょっと「うP主GJ!」とか思ってしまった(笑)
しかも場所がようつべでしょー。流したやつわかってるわー。国内だけじゃなく全世界の人が見られるわけだから、揉み消そうにも規模が半端じゃないし。大体一回上がったらもう無理だよね。こういうのは消えると増えるし。消されれば消されるほど増えるものだよ。
これ上げた方、大丈夫かなぁ。この人自身が消されないことを祈ってやまないぜ……。

ところで、ニュースで衝突映像部分だけ見たけど、そんなにひた隠しにしなきゃならんほどの映像には思えなかったんだが……。これ、ぶつけてきた相手が日本人ならとっくに公開してるよね。
時間空けば空くほど「編集しただろ」とか「捏造だ」とか言われるに決まってるんだし、なんで上の人は自ら不利な状況に追い込んでるのか疑問。こういうのって「責任取って辞職します」程度で済む話じゃないやん、国の問題だし。一個人の地位と世界における国の地位なんて天秤にかけられるもんじゃねーだろうに。偉い人の考える「政治」って、一般人にはよくわかりまへん。
 

 

 

 

 
昨日、イカ娘描きながらOP流してたせいで、仕事中もあのOPが頭を巡ってました。
電波ソング、恐るべし。

公式配信といえば、天体戦士サンレッド以降、色んな作品が放送後に無料配信やってくれるようになって嬉しいかぎりです。地方民にとってはありがたいことですね。
イカ娘さんの他としては「ざくろ大戦」というか「ざくろ妖怪」というか、まあ「おとめ妖怪ざくろ」
利剱さんのイケメンっぷりが恥ずかしいぐらい男前ですが、あげまきさんのヘタレっぷりが面白くて好きです。つか櫻井さんの演技が好きだ。最高。
さくら大戦っていうか、むしろ私は「はいからさんが通る」と「ホスト部」と「少女革命ウテナ」足して割ったような絵面だなーと思いました。キャラデザがキャラデザなのでウテナっぽくて当然でしょうが。あげまきさんが金髪なので環(@ホスト部)のビジュアルで、でも軍服姿がまさに少尉(@はいからさん)なので、なんかその辺りが面白くて、1話はうっかり3周しましたバカです。
(はいからさんリメイクして欲しいと思ったけど、少尉の声が浮かばない。蘭丸は石田彰でいいんだけど(笑) でも旧作アニメが打ち切りだろうともアレではいからさん好きになった私としては、イメージ壊れるからやっぱりいいや)
あと、ざくろ回はEDがアレなので丸ごと楽しいですねー。歌わないから櫻井さんだけ台詞なんだろうけど、むしろその方がいいと思うの。面白すぎて(笑) もうね台詞の部分でわかってても噴く。何回聴いてもあそこで噴く。楽しすぎるあの歌。
あと、「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」も見てますよ。
さすがガイナックスはやることが違う(笑)
一見、アメリカでやっててもおかしくない映像だけどこれ海外出していいのかっていうか、5、6話は日本語じゃないとわからん言葉遊びだったのでこれ翻訳しても面白くないだろっていうかそれ以前にもうホントひどかった(笑)
やってる内容はとにかく下ネタだから、そっち系が苦手な私としては「ひどい」としか言えないけど(笑)、それをこういう風に見せることで笑いに変えちゃうところがやっぱりすごいと思います。エロいのに露骨なエロさを感じさせないずるい部分が絶妙だな、と。あの作画開放の変身シーンとかね、結局最初の回しかやってないっていうね、普通はあれバンクにして使いまわすだろってところなのにやらないところがすごい、そこ大事なのに略すなよ! みたいな。

漫画買うことは少なくなったけど、やっぱり私は骨の髄までオタクなんだと思いました orz
 

 

 

 

 


ニコで公式配信見てます、イカ娘。
めちゃくちゃ面白いっていうわけじゃないのになんか面白いっていうか和むなイカ娘
律儀にゴミ拾いしてるイカ娘さん可愛い。
 

 

 

 

 
誉められて伸び、
 叩かれても伸びる。


坂本真綾・今月の目標@携帯サイト
見た瞬間、なんかガツンときた。
「出る杭は打ってでも出る」に続く(私的)名言だと思いました。
色んな意味でパネェ
流石だぜ、真綾。
今回ばかりはこの紙が欲しいと思ったよ(笑)

心意気って大事だね。

ニューアルバムは色んな邦楽アーティスト参加しまくりすぎてて、まとまりなさそうで「夕凪」的失敗臭が漂ってて不安だったんですが、ごめんなさい、文句は聴いてからにします。
 

 

 

 

 
水嶋ヒロなアレ

 

>>>Read more

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 ごちゃまぜすぺーす, all rights reserved.

彩瀬あいり

12  04  03  01  12  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。