思いついたこと・感じたこと・気になったこと・どうでもいいこと。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
年末の今ここを見ている人も少ないでしょうが、一応のご挨拶がてらに浮上。
えーと、更新履歴が相変わらず寒いことになってますが、それはまあ去年も似たようなもんだったような気もするのでさておき(おい
なんだろう、今年、ねぇ。
なんで自分MADとか作ってんだろ、みたいな。
こんなん自分みたいな技量のカケラもないやつが出来るもんだと思ってなかっただけに、「あれ、意外と簡単じゃ?」みたいな。(いや、簡単なものしか作ってないから当然ですが)
さすがにここでおおっぴらに「これです」なんて言えたもんじゃないので言いませんけどね。ただでさえ著作権的にやばいのに、堂々と暴露するのはアレでしょう。
とりあえず、らんま的なMADも作りたいんですが、問題なのはらんまの場合素材がね、うん。基本的に作画が安定してないので繋ぎにくいという難点が(禁句) 選ぶなら後期とかOVAとかになっちゃうもんなぁ。そこから何するって何すんねんって話であって、なら手書きMADとかならいいんじゃね、って思ってみても、なにするよって話になるわけで。
つか、そんなアングラな話は止めておきましょう。

サイト的には、そろそろ埋没しているログを適当に上げてみようかと思いつつ、ページ作るの面倒だな、とか。
最近いじってないから、テーブルタグですら打つの面倒だよ、ひいぃ。ブログは便利だよなー、そう考えると。改行タグもいらねーもんなぁ。
下げた絵板ログも幾つかあるのですが、リテイクするつもりだったのに放置してるな、そういえば。

後ろ向きなことばっかり言ってますね、スンマセン。
うん、お年頃ってことで許してください(おまえ幾つになったと――)


世の中あまりいいニュースもございませんが、皆様の周りは大丈夫でしょうか。
雇用問題って生活に直結してるから、寝る場所に困るのって本当一大事だと思うわけで。
地震とか、災害の時にはなんやかんやと寄付とか物資とか仮設住宅だとかいう話になるのに、こういう時はどうしてそういう話にならないんでしょうかね。国は基本何もしないで、自治体が自分達の市の為に「何か出来ないか」って考えはじめているのは、いいことかもしれないけど、でもなんだか「もう国には頼らない」というか、「どうせ底辺の人間は見捨てるんでしょ」みたいな諦めにも似た気持ちが滲んでいるみたいで、あまりいい気持ちはしないです。いえ、救済は必要ですけど、支える側の気持ちの問題? 救済活動の原動力が、プラスよりマイナスの気持ちではじまってるみたいで、そういうのって先が見えないから、明日に対して前向きになりづらいよなーって思っちゃうんですよねぇ。
私は今、こうしてストーブつけた部屋で膝掛けしてパソコン打ってる。
それはとても幸せなこと。
最近なんだか、「生きる」ってどういうことかなーって考えます。
単に生命活動をしているっていう意味での「生」ではなく、何かを思い何かの為に行動をすること。それが「人が生きる」ってことで。
私はこの先、どう「生きる」のだろう。
遠い未来、私は笑っていられるのだろうか。
果たして「生きて」いるのかどうか。
考えるとぞっとするので、弱い私はその考えから逃げてしまう。
今のままがいい――なんて、情けないぐらい私はまだまだ未熟で子供です。

――はっ、またそんなネガティブな話を。


相変わらず思考回路の暗い人間ですが、そんな管理人の居る場所にやってきてくださった方々、どうもありがとうございました。
皆様それぞれ、良いお年をお過ごしくださいませー。
 
スポンサーサイト

 

 

 

 
もやしもん

今月はなんとなく、自分の中で「とりあえず毎日ブログつけるぜ」月間なので、なんでもいいから埋めておこうと思います。
癒されたいと思って描いたものの、気力なくてガタガタです。
新刊はちゃんと買ってますよええ。
今回は通常版買いました。
本編より前にカバー裏を読んだので、最後のコマで

「ごめん、先読んだよ」

と謝ってしまいました(笑)

いやしかし、美里×長谷川はいいですね。
美里さんの前ではわりと可愛い遥さんが好きです。
そしてどんどん壊れていくムトーさんも大好きです(笑)

 

 

 

 

 
あれこれいろいろ

 

>>>Read more

 

 

 

 
トトロ

ジブリ作品の背景とか描いてる方。
わたくし、トトロの何が好きって、ストーリーもさることながら背景がものごっつい好きで。
幾度となく見て内容・展開を知ってるから、見る時はひたすら背景に萌えるんです。
特に好きなのが、サツキがメイを探し回る後半の田園風景。
夕焼けのシーンが大好きで。
見る度、感動するわけです。

そんな個人的に萌えるその絵もちゃんとありまして。

ガン見してきました


他にも色々あって、すげーすげーすげーとガン見です。
いやもうすごいよね。
なんだよあの色使い。
この色のにじみ具合とかたまらん(ハァハァ)
家とかさ、なによあの木目の細かさと素晴らしさ!
ちょ、勘弁してこの空の絶妙な色ぉぉー。(鼻血)
ひぃーーー、この光と影の部分のコントラストとか素敵すぎぃぃ(吐血)
ひそかに感動しっぱなしでした。

絵の工程とかも解説してあったのですが、いや真似られるもんじゃないと思ったよ。
筆のタッチで遠くの山にある針葉樹を表現してみたりするわけですから、ただ単に「筆で色を塗る」のとはわけが違う。筆を使い分けて、それを使いこなす、毛の先まで使って。

やっぱ絵は生で見るのが一番だと心底思ったさ。
ポストカードとか、印刷した絵はあまり萌えないんだよな、不思議と。
遠くで見るのと、近づいてどんな風に描いてるのか見るのとではまた全然違うし、やっぱりこういう背景画っていうのは、近くで見るより少し離れて見た方が、「鑑賞」という意味ではいいですね。まあ当たり前だけど、近くで見るとざっと線が走ってるだけのように思えても、離れたところから見ると、それがきちんと正しいことがわかるわけで。
なんか言葉がおぼつかないので何言ってるかわけわからんでしょうが、とりあえず感動してきました。あの空が忘れられにゃい。どうやったらあんな色出るんだろう。はあ……。


081228_125232.jpg




ちなみに、トトロの巣(?)も再現してあって、トトロが寝てました。
皆が覗いてるから何があるのかと思ったら、そんな素敵なセットが。
そりゃ見るよな、うん。
ジブリ美術館とか行ったらもっと癒されるんだろうなーと思いつつ、こんな田舎で展示会やってくれたことに感謝する一日でした。
そうそう、折り紙でトトロも折りましたよ。
折り紙なんてやったの何年ぶりだろうか。
案の定、あまり綺麗には折れませんでした。
うん、ヘタなんだよ折り紙とか。


 

 

 

 

 
ふと部屋に(文字通り)転がっている漫画を手に取った。
どんな話だったっけかなーって思って。
それは、谷川史子さんの「草の上 星の下」という漫画。
パラっとめくってみて、なんとなく思い出す。
そして読んだ。
最後の話を読んでいる時、BGMで真綾ちゃんの曲を聴いていたのですが。
それもあるのかどうかわからないのだけど。

なんかわかんないけど、ボロボロ泣いてました。
泣けてしゃーない。

やっぱり谷川さんはいいなー。
素朴で優しくて温かい。
なんていうことない、とてもありふれた日常の一部なのに。
谷川さんの手にかかれば、光輝いて見えるから不思議。

真綾ちゃんの描く歌の世界もそれと同じところがあるから、
だからとても大好きです。
 

>>>Read more

 

 

 

 
たぶん大半の方がそんな日ではないかと思われ。
ということで、皆さん今年もお疲れさまでしたー。

 

 

 

 

 
「誠の命日祭らなきゃー」と言った本人がやらず、便乗してくれた友人がやってくれたというのは如何なものなのか(笑)

ちゃうねん、なんかそれどころじゃなかってん、洒落にならんかってん。(誰
 

>>>Read more

 

 

 

 
サンデーにおける某長寿野球漫画のwiiで発売されたゲームがすごいらしいということで、そんなプレイ動画を見ました。
事前に得ていた情報において、首が180度回転してるとか打者が投手に背を向けて構えて振ってもボールが当たってるとかバットが伸び縮みするとかいうビジュアル的なものや、バントでホームランとか外野にまでキャッチャーがボール取りに行くというサイボーグのような身体能力に加え、9回終わって5-2なのに延長線が始まるという、ルールを根底から無視したありえない展開があるんだとかで、楽しみに視聴しました。

私の所持するゲーム機はPS2止まりなので、昨今の技術における映像クオリティをきちんと体感したことはないのですが、この3Dはどうなんですか、いつの時代のポリゴンなんですか、それともこんなもんなんですか、もっとすごいのかと思っていた私は間違っているのですか。
まずそこに一番驚いた。一体どんな素人が作っているのか。いや、むしろ野生のプロの方がいい仕事する、もっといいモーション作りそう。
とか思っていたら、エンドロールにのけぞりました。
プログラマーが三人ってあーた(笑)
だからか、だからなのか、BGMが常に同じなのもケチってるせいなのかー!?

肝心の内容ですが。
外野に客が一人もいないのに歓声はすごかったり、セーフ判定が異様に早かったり、チェンジ言われてるのにバッターがまだ構えてたり、ちょ何故そこで二塁に投げるよ一塁ちゃうのと野球ルールに詳しくない私でもツッコミを入れたくなる感じもありつつ、とりあえずなんか展開がたるい。全体的にかったるい。原作を知らなくてキャラがわからないせいか(主人公がリトル時代は読んでたけど)、出てくる奴らの判別がつきません。やたらキャッチャーが万能で、「もうこいつ一人居たら他いらねんじゃね?」っていうぐらいハイスペック野郎です、素早い素早い。投球含め、ポリゴンの動きが拙いわりに審判だけが妙に滑らかで、このゲームのスペックはそこに一番集中してるんですかと言いたくなるほど。(でも、常に同じ動きなんですが) ストライクしか投げられないのかストライク判定ばっかりなので、試合自体が妙に単調です。そんなんでいいんだろうか。野球ゲームってそんなもんなのか? 打ったボールがやたら高く上がる絵がきたかと思うと、ホームラン言われます。ゴルフかこれは。それ以前にピッチャーが投げてミットに収まったところで一向に返球されず、でも何事もなくまた投げるので、そもそも「ボール」という概念があるのかどうかも不明(笑) いや打ってるからにはあるんだろうけど、せっかく打っても転がり具合が無駄に悪い。一体どんな深い芝なんだそこ。そうだ、塁審いないんだよーこれ。誰がアウトセーフ判定してるんだろう。そーいやどう見ても暴投してるのに「セーフ」とか言われて、ええええええー!? みたいなのもあったな。ボール取ったのに動かなくて、おかげでアウト取れるはずの場所で進塁許す有様だし。もうほんと、やる気あんのかこいつら。
見たプレイ動画にはピッチャーの首が回ってるシーンがなかったので、それを抜き出してるやつを見たのですが、たしかにこれはすごい。
すごいっていうか、恐い(笑) もうホラーの世界です。
wiiソフトっていうか、ファミコン並のスペックというとファミコンソフトに失礼か。

大人がネタとして買うぶんにはともかく、買った子供がかわいそうだと思いました。高い金出してこんなクオリティのもんつかまされたら泣くわ。
察するに映画に合わせての発売だったので、延期とか出来なかったんでしょうけど、だからといって出していいレベルとそうでないのがあると思うのですが、大人の事情って難しいですね。

でもまあ、ここまでひどいと、批判通り越して逆にネタになるからいいのか(笑)


思わずググって調べたら、まだ色々すごいらしい。→ 参考文献
奥が深いわぁ……(笑)

 

 

 

 

 
081224_194928.jpg

帰宅したら何か荷物が届いてて、なんじゃらほーいと思ったら、某iランドさんからでした。(←伏字になってない)
毎度のことながらマメな会社だ。
なんかすんませんって感じ。
私なんぞにまで送っていただいて申し訳ないったらもう。
ケーキも食べて、ようやく「あークリスマスねー」って気分になりました。
仕事してたらそんな要素皆無で、同僚さんとも「なんか全然クリスマスっていう気せんよね」って言ってたところだったので。(色気ねえ話だな)


クリスマスカードを送ってくださったrieさんも、ありがとうございますー。


人から頂くばかりで、何も返すことが出来ない自分、とことん情けねえなー。
 

 

 

 

 
とりあえず、こんだけ。

なに仲良くしてんのこの二人。

色んな意味で皆さんが喜びそうな話でした。
つか、誰に変装してるのかっていうのがわりと「まんま」だったのでちょっと拍子抜けだったりもしたのですが、内容が内容だから別にいいのか。
キッドが絡むわりには、わりとほのぼのネタで良かったです。
たまにはいいよね、こういうの。

--------------------

メールを送ってくださった某様。
ありがとうございますー!(叫)
お返事は必ずや。
場合によってはちと遅くなるかもですが、お返事させてくださいー。(><)
 

 

 

 

 
早めに印刷だけでもしておかないと、と思い、宛名刷って、ついでだから裏面も刷って、ついでだからと書けそうな人から一言入れてたら、気がついたら全員分に手をつけていた。
あれ、そんなつもりでもなかったんだけどな。
明日出掛けて、もうちょっと裏面に手を加える予定だったのだが、どうしようかなぁ。

まあ、いいや。

寝よ……。
 

 

 

 

 
先日、久しぶりに新居昭乃の「RGB」を手に取り、なんとなく歌詞カードを見ていて気づきました。
もともとはこのアルバム、ベスト(?)アルバムだし「月の家」が収録されてるし「さかさまの虹」がセルフカバーだし諸々で購入したんですが、その中で一番好みだなーって思った曲が「星の木馬」で。見ると作曲が菅野よう子さんだったので、

あー、やっぱりなー、どーりで私のツボにくるはずだわー。
つかこれ歌詞がまた相乗効果でメルヘンチックなんだよなー。

とか当時ほえほえと思っていたのですが、今よく見ると、歌詞が一倉宏さん。


──どうりでそっちもツボをつくはずだ。

 

>>>Read more

 

 

 

 



たまたま見たブログの解析でやたらかかってるなーと思ったら、新刊が発売していたことに気がついたのは、電撃文庫の発売日をとっくに過ぎまくった頃でした。
ということで買ってきたはいいが読む気力がなく、今日やっと読めました。
書いたんだか書いてないんだか忘れましたが、近年では個人的に一押しのファンタジーです。
主人公があんなんなった時点で、「この作者容赦ねえ、良作だ」と思いました。
いや、ご都合主義より、主人公を容赦なくドン底に叩き込む作品好きなんです。特に王国モノは、山があってなんぼだし。

 

>>>Read more

 

 

 

 



手ブロについていけない。
 

 

 

 

 
↓の後、こっちの最終回を見た。

号泣した。

なんだろう、なんでこんなに涙が出てくるんだろう。
哀しいわけじゃないのに、どうして。
あーもう、やっぱり泣かされちゃったい。(T-T)
毎回EDの入り方がいいのですが、今回はさらに秀逸でした。
なんか、皆この番組がすごく好きなんだなーっていうのが伝わってきて、それがもうなんか、あったかくてあったかくて、優しい気持ちになれます、泣けてしょうがない。
めちゃくちゃいい最終回でした。
こんなに「最終回」っぽい最終回、久しく見てません。
1期からナレーションやってたジョイ君が最後に本編出演という素敵仕様も、小憎らしい。
チクショウ、泣けるじゃねぇかよぅ。
地味に豪華声優が出てくるという、私の中ではすこぶる神アニメでした。
うー、3期はやんーのかなぁ。
 

 

 

 

 
さあ最終回です。
なんだかんだで一番楽しみに見れた気がするのは、最後の数話が超展開だったせいかしら。
ついでに「最終回だからきっと田中原画があるはずだ」と思ったのも、楽しみのひとつだった。

ということで、見ました。


 

>>>Read more

 

 

 

 
忘年会でした。
すき焼きでした。
食べ過ぎて腹が膨れてます。
ベルトがきついです。

明日、ジムで体重計に乗るのが恐いとです。

-------------------

乗り遅れつつ、「相棒」ですが。
あーやっぱりそうなんのかーって感じで展開に納得はしつつ、でも寂しいのは寂しい。
だけど、きっぱり警察を辞めてしまうっていう、逃げ道を作らないところがとても薫ちゃんらしい。
まっすぐで揺ぎない彼の決意を応援したいと思います。

寂しいけどなっ!(泣)


初回あんな壮大なロケしたんだからそれなりの意味はあるよなー、とか。
なるほど、これで正月スペシャルに繋ぐか。
で、新しい展開と新たなキャラ登場ですね、わかります、とか。
そんな風に考えてしまう自分がちょっといやん。
捻くれ者ですみません。
最近思うんですが、私はクーデレなんだと思います。
 

 

 

 

 
相変わらずの「そんなことでー!?」展開が多い中、地獄少女の11話がわりと面白かった。
何の話だったかで、「そうか、これは現代社会に対する痛烈な皮肉なんだな。全ての中ニ病と厨親に対する皮肉話なんだな。あっはっは」とか思ったのですが、やっぱりそういう傾向なんだなーとつくづく思ったわけです。
事件が起こって槍玉にあげられるのは、アニメかゲームだろってやつ。
全てのマスコミに対する批判ですね、わかります。
そういった事件で、勝手にイメージつけられて被害に合ってる人がいるんだってことを書いた話で、面白かったです。さらにあろうことか、集団同時地獄流しですよ。これは初めての試みじゃないでしょうか。なんか新たなビジネスというか、同じ事件で被害を受けた人が集まれば、とりあえず集まった人数分の「誰か」をこの世から抹殺できるというのは新機軸。「ああ、なるほど」って目からウロコでした。それもアリだな、と。(だってほら、集団で流すっていうと、ラブリーヒルズの事件みたいに、罪をなすりつける形式しかなかったから)
しかしあれだね。同時に流すと全員でやらない分、お仕置きが軽いですな(笑)
そしてまさかの二段落ち。
まさしく「人を呪わば穴二つ」で、いいオチでした。四本ロウソクで、ひとつが消える。今回、一気に行ったなー。(=△=)

ということで、次回。
山口勝平の回が楽しみです(笑)
 

 

 

 

 
友人の原画話を見て思い出したこと。
ギアスの最終回で櫻井さんの名前があってビックリして、
そういえばすごく絵が上手いって言ってたっけかーと思って、
したらなんでも、「ありがとギアス」が櫻井さんらしいと。

え、でもそれだけだと原画のところにクレジット入れるっておかしくないかな。本編中じゃないのに?

と、ちょっと疑問だったのですが、どうやらカレンの部屋にあった写真のスザクの原画が櫻井さんだそうで。
それを聞いて、ものすごーーーーーく納得したんです。
なにを納得って、スザクの写真が飾ってあったことに。
いやだって、カレンってスザクのことあんま好きじゃないでしょ。最後はそれなりに彼の立場を理解して考えも変わったかもしれないけど。それでも、敵だったスザクに対して、そこまで思い入れはないと思うわけです。
なのに、なんでスザクの単体写真? しかも一番目立つところに? 生徒会の集合写真ならともかく?
あのシーン、かなり疑問で、すごく不自然というか、腑に落ちないというか、すごい不思議だったじゃないですか。どう考えてもおかしかったじゃないですか。ルルの単体写真が飾ってあったならまだわかるけど、なんでスザクなのか、と。
つまり櫻井さんが自分(スザク)を描いたから、スタッフさんが一番目立つように配置したんですね。
玉城へのお祝いメッセージを中の人がみんなで寄せ書きした際、玉城本人である田中さんの物だけが単体で額に入れられていたのと同じようなもんですね(笑)
 

 

 

 

 
ということで、お返事。

 

>>>Read more

 

 

 

 
そんなような歌が昔ありましたが、それとは関係ない話。またもジムで見たテレビの話で恐縮ですが。

夕方、わりと時代劇をやってます。画面だけ見ているので何を言ってるのかはわかりませんが、黄門様をやっているようです。詳しくないので顔見ても誰が誰なのかわかりませんので、その人が誰なのかはまあともかく、多分黄門様ご一行メンバーの一人だと思います。

さて、画面ではなにやら二人組が、男の顔を水面(川?)に押しつけ、窒息させようとしています。ほっかむりをした妖しい人物です。
男は暴れます、当然です。
二人組は二人がかりで男を押さえつけ、バッシャバッシャとなんとか顔を水に突っ込もうとしています。
そんなところへ、その誰かが通りかかるわけです。
とてもありがちなシチュエーションです。
声は聞こえませんが、やりとりはなんとなくわかります。
「何をしている」みたいな、そんなことを言い、二人組は目撃されて慌てるわけですが、慌てた二人は逃げるどころか「早くトドメをささねーと!」とばかりに、ぐいぐいと男の顔を押しつけ、ついに抵抗を止めた男の身体を水の中へとダイブさせたのです。
その間、件の誰かさんは何をしているかというと、何もせず、その場でただずっと見ているのです。


ちょ、おま、


止めろYO!!
(笑)



目的を果たしたので、今度は「誰か」と二人の対決です。軽い殺陣を演じた後、負けた二人組は慌てて逃げて行くわけですが、二人を追わず、水に没した男の救出へやっと向かいます。ぐっと引き寄せた男は目を閉じていて、音声なしで見ていた私は思いました。

そうか、死んだとはかぎらんよな、気絶しとるだけかもしれんし。いくらなんでもあの程度で溺死はせんやろ。早かったもん。

そんな風に思いつつ見ていると、数分後。
戸板に乗せられ、布をかけられている土左衛門が――。


し、死んでんじゃーーん!!
(ガビーン)


なんということでしょう。あの時、ぼーっと見ずにさっさと近づいていけば、二人組は男を殺すことより、近づいてきた人間に対して威嚇をしたに違いありません。もしくは逃げたかもしれません。
そう、あの時、二人組の行動を待たずにとっとと行動しとけば、この人は死ななかったかもしれないのです。
おま、仮にも番組の中では「いい者」に属してる人間だろ。
目の前で犯罪が行われているのに、なんで黙って見てんだよ、なんで待ってんだヨ!


勧善懲悪番組にはお約束があります。
正義の味方が名乗りを上げている時は、悪の側は待っていなければならないのです。
ロボットアニメでいうところの、合体中は攻撃しちゃいけない暗黙の了解と同じです。
物語の展開上、事件が起こらなければならないことはわかるのですが、だからといってこれはあんまりにもひどいのではなかろうかと思った、とある日の夕方。
 

 

 

 

 


拍手コメありがとうございますー。
お返事は明日以降にっ。(><)


 

 

 

 

 
前にやりたくてやろうと思ったけど気力なくて断念。
放置している間にアニメも終了。
すっかりタイミングを逃して今更くさいネタをやってみた。
色々手抜きですが。

なにって、見せましょうネタですよ。
以前言っていた、「早乙女つながりで、らんまなマクロスF」ですよ。
わかる方はどうぞ。
ちなみに思いついたのは随分前。
ランカが映画でデビューとか、そんな頃です(笑)

 

>>>Read more

 

 

 

 


あちら様もこちら様も、拍手ありがとうございます。
癒しパワーを受け取っております。
受信中受信中。
 

 

 

 

 
仲間はずれ編

ジムに設置されているテレビは、左から順に、NHK、日テレ系、フジテレビ系、TBS系、テレ朝系と並んでいます。
有酸素運動(ウォーキング)もそろそろ終わりという頃、7時前でした。
民放4社の画面がまったく同じになりました。
正確には、フジとTBSが同時で、若干遅れて同時に日テレとテレ朝。
つまり、□■■□の状態で、同じCMが流れていたわけです。
年末ジャンボのCMでした。
西田敏行が4社をジャックしてました。
圧巻です。
思わず足が止まりそうになりました。
なんとゆーか、恐かったです。目が悪くて良かった、はっきり見えたらもっと恐かったヨ(笑)
ということで、左端のNHKのテレビだけが浮いて見えました。
嬉しくもなんともない村八分、乙。



オールハイルブリタニア編

帰り道、コンビニに寄った。
若干ぼーっとした中、なんとなくお菓子の棚を見てて、逆側の棚に振り向いた私はのけぞりました。
そこにおわしたのは、黄金の若本(皇帝)
なんぞこれ。
あまりのインパクトに、リアルに数歩引きました。

クジの景品? なんですか、これ。

いらねぇ。
ネタとしては面白いけど、部屋に飾りたくはねえ。
恐ぇよ。
若本ロケット思い出すよこれ。

疲れた視覚には刺激が強い物体、乙。
 

 

 

 

 
某方の日記で姿を見たからとか、それとはあまり関係ないのですが、ドラゴ○ボールの話。
実写映画の主題歌を、浜崎が歌うそうで。
日本語版っていうわけじゃなく、映画そのものの主題歌。全世界共通。
すごいことだと思います。
すごいと思うんです。
思うんだけど、合ってないと思うんです。
あまり興味もないので映画の内容自体よく知らないのですが、とりあえず色々イタイらしいことは推測できる。その上主題歌があゆかよ。ますますバトルな世界から離れていくような気が。

起用理由が、監督が全曲持ってるぐらいの大ファンだからってあんた。
おまえの趣味かよ(笑)
いや「監督」だからいいんだけど、いくらファンだからって雰囲気というものをもっと大事にしませんか、普通。自分の映画であゆが歌うというシチュに萌えーってことですか、あとはどーでもいいんですか、そうですか。

とはいえ、日本人が演じてない日本漫画の実写映画って、私からみれば、ただのネタなので、どんだけかけ離れていても、ネタとして見ればいいと思います。日本人がやると妙に生々しくてイタイんですが、違う国の方がやってると完全に「別物」って思えるから。意識の問題? 作品解釈の違いも、「まあ国が違うからねえ」って納得出来るから。

だから色々間違ってる方がむしろ笑えていいんじゃないかと思いつつ、そーいやエヴァの実写って結局どうなったんだっけ。
今ならむしろ、コードギアスとかやって欲しいんですが。絶対笑えると思うの(笑)
ギアスはCGでいけるでしょー、スザクの回転キックもワイヤーアクションで問題ないでしょー。
C.C.とか無駄にエロいキャラになると思うんだ。学園はきっとまるっと無視で、ギアス能力者が無駄に出てきたりすると思うんだ。そして何か間違っているジェレミアとか出てくると思うんだ。

想像しただけで笑えて仕方ありません。
 

 

 

 

 
■相棒
えええええー、年内に卒業ですかー!?
番組自体はたしか2クールだったと思うのですが。

■サンデーコナン
え、3回決着? あれ? 私、読み飛ばした?

■Summer Days
前に見ていたプレイ動画がわかんなくなっちゃったので、新しく上げてる人のを見ているのですが、おお、なんかルートが違うから面白い。
心ちゃんが何気にウザイ(笑)
そして、誠が漢だ。
まだ途中なので後が楽しみです。

■School Days
↑の中で知った。確認した。
おおお、ほんまにGyaoで配信してるヨ!
最近Gyao覗いてなかったから全然知りませんでした。
知らない間にホスト部もやってるヨ。
まあ、落としてるからいいんだけどな
 

 

 

 

 
え、だってナギ様って神様でしょ。
神様ってーと、結構孕んだり近親相姦だったりっていう世界じゃん。
案外アレでソレで、「えー倫理的にそれどうよ」なのが神話の世界だよね。

と真っ先にそう思ってしまったのは、それこそ私が別にナギ様に「萌え」を求めていないからなんでしょうね。(つぐみの方が可愛いと思う幼なじみ属性の人)

いや、ショックなのはわからないでもないのですが、だからといって漫画全部捨てたいとか破いて作者に送りつけるとか抗議するとか、どうしてそういう方向に走るのかがわからない。「好き」って気持ちはカケラもなくなってしまうものなのか。作品に対する愛が冷めるっていうのはままあることだから別にそのキッカケがなんであれ構わないのですが、憎悪という形になって叩くのって一時でもファンだった人がやることなのかな、ファンだからこそのバッシングの域を越えてるんじゃないんかな、作者を心理的に追い込むのは。
これだから何か事件があると、オタクは偏見の目で見られるんだよな……。

もともとの発端になった話を読んでないので、ファンを一気に反転させるほどの話だったのかよく知らないので、どうこう言えたもんじゃないけど。ってゆーかそもそもアニメしか知らないので説得力皆無なのですが。ナギ様ってそんな純情なキャラじゃないよな、女の子の顔したおっさんキャラっぽい、ギャグのセンスとか。なので、彼氏がいましたとか、臆面もなくあっさり発言しちゃうタイプの人に思えるんだけど。そもそも人間じゃないからそういうことで周囲が引くとは思わないというか、年頃の常識は通用しないと思うし、そーいやナギ様って汚れを払うとかそういうのが目的だった気がするのですが、汚れてしまったとかいうのはそういうことじゃないの? 読んでない私からすれば、言葉だけ聞くとそれしか浮かばないのだけども。それ以前に、処女でなきゃいけないとされるのは巫女さんとか生贄とかで、神様はどっちかというと子供産んでなんぼの存在だよなぁ。(って思ってたら、「かんなぎ」って「巫女」さんのことを言うんだね。神様やないやんけ)

こーゆー人達が、「二次元キャラとの結婚を認めろ」とか言ってるのかなーと思いました。
くわばらくわばら。




そういや、DVD2巻の特典に「月刊OUT」がつくんだとか。
なにその無駄な豪華仕様(笑)
つか、10代の子はOUT知らないのでは。
でも、OPが「ママはアイドル」のパロっていう時点で、狙ってる世代は20代後半からだからいいのか。
 

 

 

 

 
雇用の問題。
派遣はさー、仕方ないと思うんだよね。
っていうか、切られる存在であることは、派遣の人はわかってることなので。でも契約だから、せめてちゃんと契約期間までは働かせてくれよーって思います。寮も追い出されて、一体どこに寝泊りせーというのか。住所ないと就職も出来ないし、就職してないから部屋借りるのも一苦労なわけで、もう一体全体どないせーっちゅーんじゃって話ですよ。
もうね、別に消費税上げてもいいからさ、上げることで、派遣ごっそり切るとか、正社員を解雇するとか、内定取り消すとか、そういうのが少しでも軽減されるのであれば、どうぞ上げてくださいってなもんですよ。消費税上がると買い物控えが激しくなって流通は悪くなるのかもしれないけれど、職を失う人が増えるよりはマシだと思うので。「明日の御飯を買うお金がない」よりは、「明日買うのを止めて明後日にしよう」の方がいいじゃないですか。収入がないより全然いいじゃないですか。

って私は思うんですけど、文句言う人は言うんだろうね。
金は天下の回り物というか、情けは人のためならずというか。
世の中は全て巡り巡ってなにかしら自分に返ってくるものだから、自分だけの幸せではなく、見知らぬ誰かの為に何かをなすことも大事だと思うんだけどなぁ。それが結果的に自分の生活の為になるはずだから。
今の情勢を見ていると、それが本当によくわかる。個人主義ばっかじゃダメだよ。うん。

いえ、甘いんでしょうけどね、こういうの。
一人暮らししてたら、「そんなんで生きていけっかよ、甘ちゃんめ」って思うだろうな。
でも実際、犯罪増えると思いますよこれ。
自暴自棄になって無差別殺人する奴とか、明日喰うのにも困るから刑務所行きたくて罪を犯すとかさ。
もう「世も末だ」なんて言葉は使えませんが、今こそ使いたい言葉だねこれ。
 

 

 

 

 
最近改めて思ったことがあります。
しみじみと気づかされたんです。



あたし、胸ねえなぁ……と(笑)



もともとある方じゃなかったけれど、ジム通いはじめてさらに縮んだ気がするの。下腹部は出てるのに胸が減ってどーすんのさ。orz
いえ、別に巨乳になりたいわけじゃないんです、もともと「胸なんてほどほどでいい」っていう考えなので、どちらかというと、大きいぐらいなら小さくていいわって思うタイプだったんです。ほら、デカいと邪魔でしょ。走るのに特に邪魔っていうか揺れて重いから走りにくいというか(何の話だか/笑)
でもね、アレなんですよ、「ない」ことの弊害に気づいたんですよ。
服ですよ。
基本的に「洋服」って、ある程度胸がないと似合わないわけですよ。
最近は特にそうなのかどうかわかりませんが、型からしてそういう仕様になっているわけですよ。
Tシャツ着るとね、胸部が余るんですよ(笑) 胸元がみえるような襟ぐりが広いタイプは、上部ががばがばですよ。アンダーはともかくトップが明らかに足りてない為、余ってるわけですよ。それに気づいて愕然としました。ひいぃぃぃ、私って平均以下だったんですねーーーーー、みたいな。

胸って必要だな

30年ちょい生きてきて、初めてそれを実感しました。
服を着こなすには、胸が必要不可欠なんだと実感しました。
下半身はスカート穿けば誤魔化せますが、胸は隠せないからねぇ。
そーいや穿けなくなっていたジーパンがなんとか入るように戻ったので、これが楽に穿けるようになりたいものです。
新しくやってるトレーニングの効果なのか、下半身のライン変わったような気がすんだよねー。体重的には変化ないので気のせいかもしれんが。いいんだよ、自己暗示自己暗示。多少なりとも「いい方」に取って、前向きにGOよ。
 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2008 ごちゃまぜすぺーす, all rights reserved.

彩瀬あいり

12  04  03  01  12  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。